小学校受験に挑むなら|新境地に負けるな!

狭きお受験を突破しよう

男の子

面接はその子らしく

大学受験、高校受験、中学受験までは一般的に良く耳にしますが、中には、幼稚園、小学校の受験をされる方もいらっしゃいます。実はこの「小学校受験」というものが、大変狭き門であることはご存知でしょうか。また、その狭き道を通り、晴れて大都市大阪の希望校に合格をするためのテクニック等はあるのでしょうか。まず第一には、勉強でしょう。勉強といっても、小学校受験は大学受験の様なものではありません。簡単な足し算や引き算が主です。また、面接もあります。こちらでは、決して完璧なやり取りを求められるわけではありません。子供らしく、ありのままの姿でアピールできることが大切です。

親も見られている

大阪だけではありませんが、「小学校受験」独特の面接での特徴があります。それは、親の態度も選考の対象となるといったことです。もちろん、子供が「あいさつがしっかりと出来るか」「名前が言えるか」等の基本的なことも重要ではありますが、それだけではありません。このことは、意外と見落とされるポイントです。実際に小学校受験をするわが子を良く見せたい、しっかりやってほしいといった気持ちでいっぱいになってしまうのでしょう。親があたふたすれば、子供たちも動揺してしまうでしょう。大阪の受験でも良く見られる光景だそうです。親御さんはまず、一番大切なことを考えて、受験をするわが子をサポートするような素直な態度で挑みましょう。最近では、受験対策を行なってくれる教育機関もありますので、そちらを利用するのも一つの選択肢です。

男女

多くの教室が集まる街

自由が丘はセレブな街、お洒落なショップの集まる街としても有名ですが、人気の住宅街という事で幼児教室の街でもあります。バレエやピアノといった一般的な芸術系の教室でも一流の教室がそろっていますし、小学校受験対策にも万全です。

先生と子供

教育や学びの機会を

三才ごろからの利用が多い幼児教室には、様々な種類やプログラムがあります。世田谷区の幼稚園でも、幼児教室を行っていることがあります。子供に合った教室を選んであげてください。

勉強道具

家族総出の一大イベント

大阪の公立小学校は、一部を除いて校区からの選択制になっています。しかし、地域により治安が異なるため国立や私立の小学校受験をする人もいます。小学校受験は容易ではありません。小学校受験の対策を行なう塾に入る人が殆どです。試験には親子面接など、親も評価されることもあり、家族総出の一大イベントとも言えます。